久保寺自邸

何度も模型を作り、壊し、試行錯誤しながら設計しました。
南下がりの地形、背後の池、木々、西側にずれた敷地形状への対応を考え、2階の子供部屋を飛出させ、1階の庇と同時に玄関に人を招き入れる形としました。
居間には暖炉を設け、敷地の高低差に合わせて一段高くなった食堂と更にその先の池に張り出したデッキへと連動しています。
周囲にあった木々はそのまま取り入れ、そ れぞれの部屋が外部と内部、相互に連がっています。